道路を挟んだ本社と工場にサイトリンクのご提案

ジャンル
テレコミュニケーション向け商品
クライアント
愛知県 自動車部品製造・販売会社 様
従業員数
約50名(正社員・派遣社員・パートを含む)
業種
製造業
課題
・道路を隔てて本社と工場がある。 ・本社と工場間を結んでいる回線のランニングコストが高い(月¥150,000)。 ・本社と工場は内線通話はできるが、それぞれが別会社のような電話の使い方をしている。 ・社内呼出し放送をかけることが多いが、本社は本社、工場は工場でしか利用できなかった。

導入の背景

2拠点を結ぶ回線のランニングコストが高い・・・・ 安い回線を利用したい。

SAVAJUをお使いのお客様から回線(CTC *中部電力系プロバイダ)のランニングコストが高いので、NTT西日本のフレッツ隼を利用することはできないかと相談を頂きました。
SAVAJUはすでに保守期限が過ぎている機種であることから、ランニングコスト低減も踏まえて、2拠点での利用で今まで不便なところがお聞きすると、電話の取次ぎが別会社のようで効率が悪い、社内放送もそれぞれの建物ごとにしかできない等、つぎつぎと不便な現状が浮き彫りになってきました。

導入のポイント

拠点間にサイトリンク※を構築。ランニングコスト低減実現、電話の使い方も本社・工場で統一へ。

・NTT西日本フレッツ隼VPNワイドを利用し、ランニングコストを1/10に。(¥150,000/月 → 15,000/月)
・道を隔てた工場が本社の中にあるように、全社をひとつのシステムとして運用。
・電話番号を共通で利用でき、社内通話や転送は内線番号で呼出し可能に。拠点間通話無料。
・社内呼出し放送は、本社から工場へ、また、本社と工場同時にと、自由自在な利用が可能。
・PHSコードレス子機は、本社、工場間を移動しても、ゾーン切替をしてそのまま通話が可能。
※サイトリンクとは・・・別建物にある事務所の電話システム/複数の拠点にある電話システムをまとめて1つのシステムとして動作することができる機能です。

導入前

内線通話ができるものの、その他は別々の会社のような使い勝手。

道路を挟んで2拠点でSAVAJUを利用していた。内線通話はできるものの、電話の使い勝手が違うので、お客様から本社にかかってきた電話は、工場へはそのまま転送ができず、お客様に工場の電話番号をお知らせし、掛け直して頂いていた・・・
構内放送についても、本社は本社、工場は工場のみの呼出ししかできなかったので、面倒だった。又、一番の課題は本社と工場を結ぶ回線のランニングコストが月¥150,000もかかっていた。

道路を挟んだ本社と工場にサイトリンクのご提案

導入後

LEVANCIOのサイトリンクを利用、本社と工場 は道路を挟んでいても1つの会社のような使い勝手へ。

本社と工場にある2つの電話設備がネットワーク上で1つのシステムとして使用できるようになりました。一番の課題であった両建物を結ぶ回線はNTT西日本フレッツ隼VPNワイドが利用できることからコストが従来に比べ1/10に削減!
※通信速度もベストエフォートなら1G可能で、スピードアップ拠点間がひとつのオフィスとして運用できるのでお客様への対応も迅速になりました。

道路を挟んだ本社と工場にサイトリンクのご提案

お客様の声

お客様の声

ランニングコストの削減ができた上に、使い勝手が格段とよくなりました。 細かい事ですが、当社は呼び出しの放送を社内によくかけるのですが、本社から工場に放送を直接かけることもできるようになり、その際、放送の冒頭に「ピンポン~♪」と流れるのがいいですね。
社員が放送によく耳を傾けるようになりました!